ネイルチップ(つけ爪)の取れない付け方・簡単な外し方



形状記憶ネイルチップをしっかりフィットさせるために、ネイルチップ(つけ爪)を初めて利用する方にもわかりやすく付け方&外し方を説明します。


◆取れないネイルチップ(つけ爪)の付け方

<準備するもの>
・ネイルチップ
・ガーゼ(あればアルコール)
・粘着グミ(付け心地抜群で最もおすすめな粘着剤です)
・ドライヤー
・ピンセット

【下準備】

⑴形状記憶ネイルチップをピンセットで掴みドライヤーで30秒ほど温める。
その際火傷には十分気をつけてください。

形状記憶ネイルチップ下準備



⑵ネイルチップは温めると柔らかくなるので、温かい内に自爪(地爪)に合わせて押し当て地爪のカーブを記憶させる。自爪に押し当てたままチップが冷めるまで待っていただくと、自爪のカーブを記憶してくれます。同様の手順で両手10本ともカーブの調整を行なってください。

形状記憶ネイルチップカーブ合わせ



【手順】

⑴ガーゼや布を水(あればアルコール)で湿らせて、爪の表面の油分や汚れを拭き取る。

地爪の油分除去



⑵粘着グミの半円部分を爪の根元に合わせて貼り付け、粘着部分が爪全体に行きわたるようにシートの上から指圧をかけ調整する。

地爪に粘着グミのサイズを合わせる

地爪に粘着グミを貼る



⑶粘着グミが爪全体に貼れたら、ネイルチップを爪の根元に合わせ、根元から空気が入らないように貼り付ける。

ネイルチップの装着



【付けた見た目】
⭐️ポイント⭐︎
根本をほんの少しだけ(0.3〜0.5mmほど)空けて貼って頂くとより自然に見えます。

ネイルチップを付けた見た目
ネイルチップを付けた裏からの見た目



◆自爪を傷めず長持ちさせるネイルチップの外し方

<準備するもの>
・温かいお湯

【手順】

⑴お風呂や温かいお湯に指を付け、ネイルチップが柔らかくなるまで待つ。ネイルチップが柔らかくなってきたら、ネイルチップの根元から指先に向けて押し出すように力を加える。


⑵さらに指圧をかけネイルチップを前に押し出して行き、ネイルチップが8、9割ずらせたらネイルチップ部分を持って取り外す。

【注意点】

・形状記憶ネイルチップや指先の温め過ぎは火傷にも繋がりかねるので、くれぐれも注意しながら作業を進めるようにしてください。
・ネイルチップが外れにくい場合は無理に取ろうとせず、お風呂等で十分温めてから取るようにしてください。無理に取ろうとするとチップの破損や自爪(地爪)が割れる原因にもなるので気をつけてください。


ネイルチップの保管方法

・ネイルチップは直射日光を避け、清潔に保管してください。
 ※日光が当たると紫外線で変色する恐れがあります。

・前撮りとご結婚式当日といった風に複数回使用される方が多いと思います。
 1度目のご使用後、粘着グミのベタベタが気になる方は下記の記事を参考にしてください。

形状記憶ネイルチップ裏の粘着グミの綺麗な取り方





形状記憶ネイルチップでぜひ沢山ネイルライフを楽しんでください⭐︎



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

RIRIORI 〜「指先のお洒落」で小さな喜びを〜

形状記憶ネイルチップオーダー通販です。
チップのサイズ調整からデザインの選定までひとつひとつ丁寧にお作りしています。
ブライダルネイル や成人式ネイルのような特別な日のネイルにおすすめです。

★最新デザイン公開中★
Instagram ▶️ ordernailtips_ririori

《よく読まれている記事》
・どんな爪にもフィットする“取れない”特殊なネイルチップ!形状記憶ネイルチップとは?

・世界にたった一つの「オーダーメイド×ブライダルネイルチップ」で結婚式の想い出を永遠に…

・正しいネイルチップ(つけ爪)サイズの選び方とネイルチップの種類

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇